チベット
仏教美術館

安養院の地下にある寺宝堂は北インド・チベット仏教美術館として平成元年(1989年)に開館し、

令和元年(2019年)9月にリニューアルオープン致しました。

仏教全体が非常に幅広いものであり、深い叡知を内包していることへの理解、

また我々に対する仏の慈悲の深みを体感し、我々自身の心の平安と浄化を願う美術館であります。

北インド・チベット仏教美術品を中心に『曼荼羅・タンカ・仏像類・経典類・工芸美術品』を展示しています。

様々な仏像に直に触れ、マニ車を回して参拝したり、あらゆるイベントも組まれ、

さらにはヒーリングボウルで心を癒したり等、他の美術館では味わえない極めてユニークな美術館となっております。

エントランス前 大白傘蓋仏母

エントランス前 大白傘蓋仏母

美術館内フロア

美術館内フロア

株供養

歌舞供養

砂曼荼羅

砂曼荼羅

〈拝観のご案内〉


【開館時間】毎週土日・毎月28日10:30 - 14:00 ※要予約

【電話番号】03-3493-0871 (受付時間 9:30-17:00)

【寺宝堂拝観料】2,000円(シンギングボウル ミニパフォーマンス付き)

※10歳未満のお子様は入場不可とさせていただきます。

※一度に入館できるのは5名様までとなります。

※お支払いは現金のみ受け付けとなります。予めご了承ください。

住職あいさつ 安養院について
チベット仏教美術館 ペットのお墓
年間行事のご案内 見守りサービスwebご近所さん 大黒日記
安養院TOPに戻る